犯罪から身を守るには家庭用の防犯カメラを設置するべし

  1. ホーム
  2. 購入前に確認しよう

購入前に確認しよう

防犯カメラ

色々なタイプ

防犯カメラで撮影した映像の録画方法はいくつかあります。これまで多く採用されてきた方法がハードディスクやメモリカードが本体に内蔵されているタイプです。このような録画方法の防犯カメラのメリットとしては、電源さえ用意することが出来れば、簡単に設置することが出来るという事があります。また、自動で録画データが消えていくタイプであれば、映像の管理も楽に行うことが出来るというメリットがあります。近年、多く採用されている防犯カメラのタイプが有線LANや無線wi-fiでインターネットなどにカメラを接続し、録画した映像を送信するというものです。防犯カメラとは別の場所に録画をする場所があります。万が一、カメラが壊された場合でも、それまでの映像は守ることが出来るというメリットがあります。

選び方

防犯カメラで録画した映像をネットワークを構築して管理するという場合には、レコーダーが故障してしまった場合には、接続されているカメラでの録画をすることが出来なくなってしまう可能性があります。また、その他にもクラウド上に映像を保存するタイプなどもあります。防犯カメラと言っても、その種類は様々です。設置をする場所や管理のしやすさ、価格などを考慮して最適なものを選択する必要があるでしょう。録画した映像の管理方法によっては、購入費用以外にも費用が必要となる場合もあります。長期的に利用するという場合には、トータルコストについてもしっかりと考える必要があるでしょう。カメラの価格だけで決めることは避けるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加